Blog

無垢の吉野杉一枚板 製材現場へ

福岡県に建設中「空を眺める家」のエントランスに大きなテーブルを設置予定です。

そのテーブルの天板となるのが、この無垢の吉野杉一枚板です。

無垢の吉野杉一枚板

\ ど~ん! /

大きさは幅1000×長さ3000×厚さ100mm!樹齢200年?300年程度か、原木から切り出して約30年程自然乾燥させた一枚板です。

木材は伐採後も立ち木だった時の状態を保とうとして曲がりやねじれが出てきます。木の曲(くせ)を治すために、福岡県朝倉市で製材を行いました。

この大きな機械で30分程度で製材完了です!製材後は厚さ70mmになりました。

無垢の吉野杉一枚板 製材工程1

 

無垢の吉野杉一枚板 製材工程3 無垢の吉野杉一枚板 製材工程4 無垢の吉野杉一枚板 製材工程5 無垢の吉野杉一枚板 製材工程6 無垢の吉野杉一枚板 製材工程7

一級建築士事務所(株)一関技建では、ご提案する建物に合わせて家具も設計しています。

 

 

福岡県で地震に強い家を建てるなら
一級建築士事務所 ㈱一関技建へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です