Blog

植物ベースのオイルでデスク天板塗装

福岡県の「空を眺める家」。内装工事も順調に進んでいる中、造作家具の制作も同時に進行中です。

吹抜け空間に設置したエントランス階段の全体

上部吹抜けのエントランスに階段も設置されました。

そして、前回ご紹介したエントランスのテーブル天板(無垢の吉野杉一枚板)とは別に、作業デスクの天板をタモの集成材で造作しました。

マキタの電動仕上サンダーで木表面を仕上ている様子

デスクを設置する場所は玄関を入った窓際です↓

エントランス部の1階平面図でデスク場所を明示

まずは、マキタの仕上サンダーで木材表面を滑らかに仕上ます。今回は400番の紙ヤスリを使用しました。

緑色のマキタ電動サンダー

そして、亜麻仁油を主成分とした植物油をベースとする「ワトコオイル」で塗装していきます。

ワトコオイルとは?

ヨーロッパ生まれの自然派塗料です。環境汚染と人体への影響に配慮され、有害化学物質に分類されるホルムアルデヒド、トルエン、キシレンは含まれていないので安心して使用できる木材専用塗料です。

ワトコオイルの赤い缶の蓋を開けた状態

布にオイルを染み込ませて、木目に沿ってしっかり塗り込んでいきます。

ワトコオイルは浸透性塗料なので、木目や木の模様・風合いをそのまま表現してくれます。

ワトコオイル、ナチュラルW-01の塗装前後比較

ナチュラル(W-01)色を2度塗り塗装すると印象もだいぶ変わりました!

完成したエントランスに設置するのが楽しみです♪

 

福岡県で建築士と注文住宅を建てるなら
一級建築士事務所 ㈱一関技建へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です